iphoneケースは壊れないの?

大切なiPhoneを衝突や落下から守るために、あるいは個性的なデザインを楽しむために、多くのユーザーは、ケースに入れて使用しています。耐衝撃性を謳う製品では、衝撃から守る方法論は、大きく分けて2つあり、堅牢性を持って衝撃を弾き返すものと、柔軟性を持って衝撃を吸収するものがあります。一方、デザインを重視したケースでは、耐衝撃と言ったコンセプトとは全く無縁で、流石に中のiphoneは守られるものの、ケースそのものの耐久性は期待出来ないものが多くなっています。ケースを選ぶ際、それぞれにメリット、デメリットがあり、だからこそ、ユーザーが悩み、楽しめるところです。今回は、そんな相反するコンセプトを持つiphoneケースの耐久性について考えてみます。

デザインを重視し壊れたらその時考える

耐衝撃性を謳うケースは、TPU、シリコンと言った素材が使われている事が多いですが、それらは、耐衝撃性能には定評があるものの、加工や着色、印刷が難しいのが欠点で、クリアーや、白、黒と言ったカラーが限られているのもそのためです。デザインを重視したケースで用いられる、ABS、ポリカーボネートと言った素材は、プラモデルや玩具などにも使用されている事からも分かるように、前述の素材と比較して加工や着色がしやすく、豊富なデザインの製品が存在しています。もちろん、落下させてしまうような事があれば、割れたり、欠けたりする可能性があります。ビジネスユースを中心に、手帳型ケースを使うユーザーが増えていますが、多くの製品では、損傷しやすい要素があります。カバーを留めるために、スナップボタンが使われている事がありますが、これは何度も留めたり外したりするうちに、物理的に劣化して行きます。また、折り畳めるカバーの折り目は、どうしても弱く、角の部分が摩擦などで傷んでしまいます。しかし、壊れたらその時考える覚悟で、デザインを重視するのも、iphoneケース選びの立派な選択肢です。

耐衝撃性を謳うケースは壊れないのか

耐衝撃性を謳うTPUなどのケースは、インターネット通販サイトやメーカーの公式サイトの画像で、捻りを加えて柔軟性をアピールしている様子をよく見かける事があります。極端な事を言えば、経年劣化や、融点に達するような極端な熱を加えたりしない限り、滅多な事で壊れる事はありません。しかし、昨今トレンドとなりつつある、2つの素材を組み合わせたようなハイブリッドケースでは、損傷する可能性はあります。例えば、TPUとポリカーボネートを組み合わせたケースであれば、TPUの柔軟性で衝撃を吸収し、ポリカーボネートの堅牢性で衝撃を弾き返すと言う流れになります。このため、衝撃が与えられた際、ポリカーボネートの部分が割れるような事例はあります。これは、中のデバイスに伝わったかもしれない衝撃をポリカーボネート部が受け止めた証拠でもあり、大切なデバイスが守られた事に、ほっと胸を撫で下ろす瞬間でもあります。いずれにしても、形あるものが、いつかは壊れる事に変わりはありません。決して過信せずに、デザイン、耐衝撃性、耐久性のプライオリティを定めてiphoneケースを選びたいところです。