iphoneケースのメリットとデメリットは?

iphoneケースってたくさん売っていますよね。透明なケースや衝撃に強いケース、手帳型のオシャレなものもあります。でもiphoneケースをつける意味はあるの?と思っている方も多いのではないでしょうか。ケースには本体をキズから守ったり、画面割れを防止できるというメリットがあります。iphoneは衝撃に弱く、落とすとすぐに画面が割れてしまいます。手帳型のような画面を覆うことの可能なケースや衝撃に強いケースを付けることで事前に防止することができます。しかしデメリットとして、手帳型や衝撃に強いケースは大きな物が多いので装着後の肥大感がどうしても避けられません。特にiphone6以降、本体のサイズが以前と比較しても大きくなっているので尚更そう感じてしまうことでしょう。

iphoneケースの選び方は簡単

iphoneのケース探してるけど、何にしたらいいかわからないって人いませんか。その場合は、自分がiphoneをどのようにして使っているかを考えてみましょう。あなたはiphoneを片手で操作していますか?それとも片手で本体を持って、もう片方の手で操作していますか?前者の場合は透明ケースなどの本体をはめ込むタイプのケースをオススメします。なぜなら片手での操作をするにあたって、手帳型ケースのタイプは操作性が下がってしまうからです。なるべく厚みのない薄いケースであれば、あるほど良いですよ。また、バンカーリングのような本体の裏に貼りつけるリング状のものもオススメです。リングに指を通して操作するので、操作性がグンと上がります。iphone6以降の物で大きくて使いにくいという方は必見です。

両手で使っている方は手帳型で決まり

一方、両手を使ってiphoneを操作している方は手帳型ケースで決まりです。理由は手帳型ケースも両手で操作することに向いているケースだからです。また、手帳型ケースには表紙となる部分があるため、落下時に画面を守ってくれます。そのため、背面のみを保護するケースと比べても保護性能が上だと言えるでしょう。手帳型ケースの中には表紙に、電話をする際に耳を当てるイヤースピーカーの部分に穴があいているものもあります。あれは通話中、表紙を閉じた状態でも通話ができるという意味で、それは画面に汗や皮脂等の汚れが付着しないというメリットがあります。デメリットはケースによってはイヤフォンや、充電コードが差せない場合があるということですが、これは背面のみのケースにも同じことが言えるので気をつけましょう。